依頼する際の注意点

印刷物

間に合うように依頼する

チラシを予定通りの日程に合わせて配布するには、それに間に合うよう日にちを逆算して作成を依頼しなければなりません。日にちがずれ込まないようにするためにも、入稿データに不備がないように注意する必要があります。もしデータに不備があったら修正して再提出しなければならないので、その分時間や日にちがずれていきます。データのチェックが済んで受理してもらえたときに正式な受付が完了するので、そこから発送日が計算されます。もしデータに不備があると、予定していた発送日までギリギリになってしまったり、予定より費用が高くなってしまったりするので注意しましょう。焦らずに依頼するためには、予定している発送日よりも1週間以上前に注文しておくと安心です。データの再提出を求められたとしても、それぐらい日にちに余裕があれば、発送日が迫って費用に影響するということもありません。余裕を持って発送日を計算し、チラシ印刷を依頼しておくようにしましょう。

キャンセルしたい場合

チラシ印刷の依頼をキャンセル、もしくは内容を変更したい場合は、業者に対応してもらえる期間が決まっているので注意しましょう。基本的には、依頼してからデータをチェックしてもらう間であればキャンセルや変更は可能です。しかし、データのチェックが完了したという連絡の後は対応してもらえません。キャンセルや変更が決まったらすぐにチラシ印刷業者に連絡し、対応してもらえるかどうか確認しましょう。焦らないためにも、急ぎの依頼でない限り、プランやデザインをよく検討してから変更のないようにチラシ印刷を依頼すべきだと言えます。

受け取った後の連絡

完成したチラシを受け取った後は、すぐに中身を確認するようにしてください。もし何か不備や不明な点があった場合は、速やかにチラシ印刷業者に連絡しましょう。基本的に、完成したチラシに不良があれば対応してもらえますが、チラシ印刷業者によっては「1週間以内に連絡がないと無料での交換に応じられない」という決まりがあるところもあります。交換に関してだけではなく、キャンセル・変更対応やデータ入稿についてなど、ほとんどの業者がホームページに注意事項を記載しているので、依頼前に目を通しておきましょう。

Copyright© 2019 チラシ印刷にこだわって集客・宣伝効果をアップさせよう! All Rights Reserved.